自己破産の費用を安く抑える方法※自己破産する前に要チェック!

自己破産の費用を安く抑える方法※自己破産する前に要チェック!

自己破産の費用を安く抑える方法※自己破産する前に要チェック!

債務を払えなくて自己破産するわけですが、その手続きをするために費用が掛かります。借金が払えないほど困窮している中の出費ですからかなり痛手です。
普通は弁護士や司法書士に依頼して手続してもらうわけですが自分でできないわけではありません。その場合支払金額は大幅に安くなります。
平均的な自己破産の費用は自分で行う場合、約5万円からとなります。内訳は、収入印紙代が1500円、予納郵券代、いわゆる切手代ですが3000~15000円、予納金に2~3万円となります。
この予納金は、同時廃止事件といって自己破産が認められた場合の金額です。他に管財事件といって免責が認められない場合は、もっと費用が高くなり50万円以上かかってしまいます。また、期間も長くなってしまいます。
その他、少額管財事件がありますが、代理人が申立することを条件に20万円以上で期間が2ヶ月から3ヶ月ほどかかります。
どの事件になるかは、だれが手続きをするかにかかっていますので自分で手続きするよりも弁護士や司法書士に依頼して同時廃止事件に持ち込む方がよいでしょう。
弁護士や司法書士に依頼する場合、債権者の数にもよりますが平均して弁護士に依頼した場合約30万円以上からとなり司法書士に依頼した場合平均して、約20万円からとなります。
また作成する書類も難しく、不備の無いように準備しなければならずこの点も専門家の手を借りる方が無難だと言えます。
また、自己破産認定のために裁判所での面接がありますが、これも破産が認められるかどうかの大切なものとなります。
弁護士に依頼した場合この面接も代行で行うことが可能です。