自己破産のデメリットとは?~知っておきたい自己破産のキホン~

自己破産のデメリットとは?~知っておきたい自己破産のキホン~

自己破産のデメリットとは?~知っておきたい自己破産のキホン~

自己破産にはメリットだけでなくデメリットも多くあります。
自己破産を行うと財産の処分を行わなければなりません。全ての財産を手放すわけではありませんが、99万円までの現金と時価20万円までの資産しか残せないため、家を残すことはできません。生活必需品や仕事で必要になるものは残せますが、通勤に使う車はこれに含まれず、20万円未満の価値であると判断されなければ処分の対象になります。
弁護士や警備員など、一部の職業は自己破産の手続きを行ってから免責が確定するまでの期間はこれに就くことができなくなる資格制限があり、該当していると職を失う可能性があるのもデメリットです。
手続きを行うだけで免責されるものではないこともデメリットになります。免責不許可事由に抵触する行為があった場合、免責が認められなくなることがあります。余程悪質でない限り、1回目の自己破産では不許可事由に抵触していてる場合でも免責されることがありますが、2回目になると難しくなります。
全ての債務を対象にしなければならないため、連帯保証人に迷惑をかけるデメリットもあります。免責された債務は保証人が弁済しなければならないため、保証人も巻き込んで自己破産することもあります。
自己破産で免責されても残る債務があることもデメリットです。滞納している税金を支払う義務は残り、養育費も払わなければなりません。また、故意や重大な過失による、損害賠償債務についても支払う必要があります。