2回目の自己破産について~2回目の自己破産の可能性と注意点~

2回目の自己破産について~2回目の自己破産の可能性と注意点~

2回目の自己破産について~2回目の自己破産の可能性と注意点~

過去に自己破産をした人が、2回目を行うことはできるのでしょうか。もちろん可能です。ただこの時に気を付けておきたいのは、2回目の自己破産というのは、1回目に比べるとかなりハンディがあるということです。最初はすんなりできたから、2回目も大丈夫という考えはまず通用しません。また、前回の破産から7年経過していないと、次のを行うことはできません。
ですから、自己破産を行った後、ブラックでもOKの消費者金融などでつい借り入れてしまい、数年後に返済できなくなって、また破産宣告をしようとしても、まず不可能です。もし7年が経過していた場合でも、免責が下りるかどうかに関してはかなり厳しくなります。免責が下りないと、債務を帳消しにしてもらえないわけですから、自分で返済しなければならなくなります。
元々自己破産というのは、その人の借金体質を改め、生活を再建させるのが目的であるわけで、借金が返済できなくなった時のための逃げ道ではありません。そのことをよく考えて、1度破産宣告をして免責が下りた場合は、2度と借入をしない、クレジットカードも最低限の目的でしか使わないなどの心構えが必要です。極端に言えば、最初に破産宣告をした時点で、もう2回目はありえないくらいに考えておいてください。もし、2回目の自己破産をせざるをえなくなった場合は、弁護士や司法書士とよく話し合って、どうすれば破産せずに返済できるか、その方法を同時に考えてみるようにしましょう。