自己破産者は奨学金の保証人にはなれないの?【自己破産ガイド】

自己破産者は奨学金の保証人にはなれないの?【自己破産ガイド】

自己破産者は奨学金の保証人にはなれないの?【自己破産ガイド】

自己破産をすると、その子供が奨学金をもらえなくなると言われることがありますが、これは本当のことなのでしょうか。制度として言えば、自己破産をした人の子供が奨学金をもらうことはできます。その理由は簡単で、借りる人は親ではなくて子供だからです。

自己破産をすれば、一定期間は金融機関のブラックリストに載りますから、その人は新たに借り入れすることはほぼ無理だと考えられます。もちろんですが、ブラックリストの情報が消去されればその後には借りることができます。もしも子供が自己破産をすれば同じように借りることはできなくないと考えられますが、多くの場合にはそのようなことはありません。それを考えれば、子供は奨学金をもらえると考えておいて問題はありません。

しかし、連帯保証人の問題があることは頭に入れておかなければなりません。奨学金をもらうためには連帯保証人をつけなければならないのが一般的です。自己破産した人が連帯保証人になることができないこともありますから、この場合には連帯保証人になってくれる人を探さざるを得ないでしょう。親がなれない場合には、親戚になってもらうことを考えるか、あるいは保証期間を利用するなどの方法を考えなければなりません。

なお、日本学生支援機構にはこのようなケースに対応した制度もあります。緊急採用や応急採用という制度です。これを利用すれば、自己破産したことが原因で学費を払えないといった場合にも、奨学金をもらえる場合もあります。