自己破産したらどうなるの!?【自己破産についてよくあるQ&A】

自己破産したらどうなるの!?【自己破産についてよくあるQ&A】

自己破産したらどうなるの!?【自己破産についてよくあるQ&A】

自己破産を検討している方が、最も気になるのが自己破産したらどうなるかということでしょう。
その後、どのような影響が出てくるのか、特にきちんと生活を送ることが出来るのかという不安を持つ方は多いはずです。
こうした不安がどこからくるのかというと、自己破産したら全ての財産が処分をされてしまうというイメージがあるからでしょう。
しかし、実際は、原則的に99万円を超える現金と時価20万を超える財産が処分の対象となるだけで、これに当てはまらない現金や生活必需品などは手元に残ります。
そのため、自己破産後も通常の生活を送ることは可能になっています。
その他、自己破産したら変わってしまうことは、新たに借金が出来なくなるということです。
自己破産後は個人信用情報機関にその旨が記載されますので、消費者金融や銀行など貸金業者でのキャッシングは出来なくなります。この情報が個人信用情報機関から消えるのは自己破産から10年以内となっています。
また同様の理由から住宅や車のローン、クレジットカードの作成なども出来なくなります。
このように自己破産したら、これまでの生活が著しく変わってしまうというわけではありません。多少の不便はあるかもしれませんが、思っていたよりも普通の生活を送れることが分かるはずです。
人によっては新しい借金が出来ないことがいい方向へ働き、自己破産を気にしっかりと貯金を始めて生活を立て直すことも出来ることでしょう。